2018年05月27日

荒瀬史代 日本画展イベント 「尺八と和楽器のミニコンサート」

26日3時からスタートした「和楽器ミニコンサートはたくさんの方にお越しいただき、楽しませていただきました。
尺八 青柳映山師  和楽器 飯田理恵氏

荒瀬史代さんの日本画を背景にした和楽器の演奏は、みんなを幽玄な世界に導いてくれました。
16才から尺八を初めたと言われる青柳師は、途中、琴の丁寧な説明もしてくださったのでわかりやすく、会場のみんなも興味深く聴き入りました。時々小学生に説明をされるとのこと、道理で説明がお上手でした☆

飯田理恵氏は曲により琴の種類を変えての演奏、又3曲目では三味線と尺八というこれまた魅力ある合奏を聴かせていただきました。
ギャラリーが木造なのが効果あるのか?お二人にとても音色が良いといっていただいてほっと一安心しました。
青柳師、飯田氏そして作家の荒瀬さん楽しい時間をありがとうございました☆


和楽器コンサート.jpg


琴の説明.jpg


和楽器.jpg


三味線と.jpg


コンサート終了後.jpg
posted by みずがめ座 at 03:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183333102
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック