2016年11月18日

小坂健造の世界展 11/16(水)〜11/21(月)

高槻のアート界を引っ張ってこられた小阪健造氏の作品は80歳を超えられても、常に新しいテーマを求めておられるエネルギーを感じます。ヴォーリス建築を長年描き続けておられ、作品を見ているとその地へヴォーリスの建物を見に行きたくなります☆毎日作家在廊です。


kosakakenzou2016チラシ表面s.jpg


kosakakenzou2016チラシ裏面s.jpg


小阪謙造展.jpg


錦秋讃歌.jpg
  錦秋讃歌


錦秋の浅間IMG_6530.jpg
  錦秋の浅間

愉快な道祖神.jpg
   愉快な道祖神

茶碗に宇宙を見る 黒楽茶碗.jpg
   黒楽−茶碗の中に宇宙があるー
posted by みずがめ座 at 02:37| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
昨日小阪先生の展覧会に寄せていただきました。傘寿を越えられたとはとても思えない、情熱みなぎる作品に魅了されました。

芸術家として長年にわたり突っ走って来られたその芸術家魂には敬服させられます。

私も一生をかけて、その姿勢、見習っていきたいと、改めてそう思いました。

来年の展覧会も今から楽しみにしています。
Posted by 音楽家 大宅信三 at 2016年11月20日 00:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177707101
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック