2016年11月18日

この記事へのコメント
昨日小阪先生の展覧会に寄せていただきました。傘寿を越えられたとはとても思えない、情熱みなぎる作品に魅了されました。

芸術家として長年にわたり突っ走って来られたその芸術家魂には敬服させられます。

私も一生をかけて、その姿勢、見習っていきたいと、改めてそう思いました。

来年の展覧会も今から楽しみにしています。
Posted by 音楽家 大宅信三 at 2016年11月20日 00:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177707101
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック