2016年07月30日

宮川香山展/大阪市立東洋陶磁美術館行ってきました☆ 宮川香山展/大阪市立東洋陶磁美術館〜7/31(日)迄

29日午後以前から行きたかった「宮川香山展」を見に大阪市立東洋陶磁美術館へ行ってきました。初代宮川香山(1842〜1916)は美術陶器師という肩書きで、「日本特有の美しいものを作る、真似事ではなく、日本趣味の保存が大切である。(図録より)」との思いで制作しておられたようです。高浮彫蟹花瓶は陶器と言うよりは彫刻作品のような強烈な作品でした。少し前に、岩佐倫太郎さんがコーディネートされた大阪市立東洋陶磁美術館館長の出川氏のお話を拝聴し、素晴らしい作品の数々に是非見たくなり期間が終わりそうなので行ってきました。


大阪東洋陶磁美術館建物.jpg


宮川香山2.jpg


高浮彫花器.jpg


高浮彫花器部分.jpg


大阪市公会堂.jpg


posted by みずがめ座 at 04:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176282805
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック