2016年04月05日

田島征彦氏のアトリエの源平花桃とホオジロ

4/4田島先生のアトリエに展覧会作品をお返しに伺いました。
明石海峡大橋で全然前が見えないくらいモクモクした霧に遭遇。何か不思議な現象?かと思いましたが、橋を渡ると淡路島は霧が流れ晴れていましたが海の上にはまだその雲のような霧が残っていました。
田島氏のアトリエの庭に美しい不思議な木が!!桜のような白い花と同じ木に赤い花があちらこちらと☆お聞きすると「源平花桃」だそうです。この木に「ホオジロ」が楽しそうにとまっていたのですが、FB友達から偶然にもホオジロが春から夏にかけてさえずるのが「源平つつじ、白つつじ」と聞こえるそうです。同じさえずりを「一筆啓上つかまつり候」とか「札幌ラーメン味噌ラーメン」とも聞こえるとさえずり辞典にはあるそうです。
先生のアトリエ内では8月に堺市博物館での個展に出品される大きな作品がノリ置きを終え、次の工程の染めを待っていました。どのような色彩、迫力の作品になるのか楽しみです*^^*
アトリエの帰り、まだ明るいのでちょっと寄り道をしたら土手につくしとヨモギがあったので摘ませてもらいました*^^* 今年唯一のお花見となるのでしょうか?



淡路島ふしぎな霧.jpg


源平花桃4.jpg
  この鳥はホオジロだそうです☆


ノリ置き完了.jpg


クメール語のチュローチュ.jpg
  クメール語に訳された「いたずらうさぎチュローチュ」


田島先生アトリエ.jpg



ボン.jpg
 先生のお家の犬の「ボン」

つくしとよもぎ.jpg
  つくしは卵とじ、ヨモギは蓬餅を作ろうかな☆
posted by みずがめ座 at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174767593
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック