2016年02月21日

大阪松竹座「地獄八景亡者戯(じごくばっけいもうじゃのたわむれ)」

大阪難波にある「松竹座」で2/22(月)まで桂米朝追善芝居「地獄八景亡者戯(じごくばっけいもうじゃのたわむれ)」をしています。先日のお休みの日に初めて松竹座を訪れました。

3/24〜3/31までアートデアートで展覧していただく 田島征彦展(型絵染絵本原画展)では「じごくのそうべえ」の絵本原画も展示します。この絵本を出版するために作家の田島氏は桂米朝師匠のところへも行かれたとお聞きしています。絵本の元となった落語の内容がどのようにお芝居で表現されているかも興味ありました☆ なかなか舞台で見るのも臨場感あふれて楽しいですね〜
地獄へ落ちる一人に「桂さこばさん」やDA PUNPの「ISSAさん」や「三倉茉奈さん」「長江健次さん」閻魔大王には「桂南光さん」しょうづかの婆さんに「三林京子さん」など豪華な顔ぶれでした。
桂米朝さんが復活させた上方落語の屈指の大ネタである「地獄八景亡者戯(じごくばっけいもうじゃのたわむれ)」は、米朝師匠の代名詞とも言われるそうで一年祭にふさわしいお芝居とのこと☆滅多に訪れる事のなかったお芝居も又行ってみたくなる楽しいものでした*^^*


松竹座.jpg


桂米朝年譜.jpg
  在りし日の米朝師匠のお姿がたくさん展示されていました


桂米朝さん.jpg
   名人芸の落語を聞いてみたかったなあと今頃思っています
松竹座チラシ.jpg


松竹座チラシ2.jpg


posted by みずがめ座 at 02:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174143533
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック