2018年06月25日

西垣至剛展〜浮世〜 7/1(日)迄 6/25(月)作家不在、6/26(火)休廊です

現在展覧中の西垣至剛展〜浮世〜 ☆7/1(日)迄
25日(月)は作家不在です。6/26(火)休廊 11:00〜18:00(最終日17:00まで)


展覧会スタート後は雨でしたが、東京・和歌山、又神戸・箕面など遠路からもたくさん来て下さってありがとうございます。今回も正面には年代物の金屏風に西垣さんが描いた霊獣〜浮世〜が皆さんをお待ちしています。
大きな生き物も、たくさんの小さなかわいい生き物から成り立っています。会場には虫めがねをおいていますので、その小さな生き物たちを発見して下さいね☆



IMG_4648.jpg
 正面作品 「浮世」1700×1880mm
 金屏風は年代物のなかなか風格のあるものです☆


IMG_4671.jpg
 「まほら」700×1700mm 

IMG_4667.jpg
 この小さな子たちはどこに描かれているでしょうか?

IMG_4651.jpg
  スケボーに描いた作品はなかなかオシャレです☆



IMG_4654.jpg
  小品もたくさんあります  

IMG_4655.jpg
  今回、画集を出版しました!!
posted by みずがめ座 at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月21日

6/21(木)〜7/1(日)西垣至剛展始まります☆6/26(火)休廊

本日6/21(木)〜7/1(日)西垣至剛作品展が始まります☆
  11:00〜18:00(最終日17:00まで)6/26(火)休廊
    作家在廊:6/25(月)以外は会場に居ります

震災で被災された方々にお見舞い申し上げます。
6/18の地震のすぐ後でもあり、まだまだ余震があるとも言われておりますが、個展は作家が精魂込めてこの展覧会のためにと描きためた作品発表の場でもありますので、予定通り展覧いたします。搬入日・初日と雨に降られていますが、どうぞご覧いただきますようお誘い申し上げます☆

実は20日搬入の後、個人的なことですが叔父さんのお通夜が柏原市であったので急いで駆けつけたら、展覧の様子を撮っていなかった!!という失敗。初日、すぐにアップしますので、まずはこのかわいい人形「あ〜ちゃん」を見て下さいね☆
搬入の時この「あ〜ちゃん」を見たら急に私もあくびが伝染しました*^^*


IMG_4635トリミング.jpg


IMG_4629.jpg
posted by みずがめ座 at 02:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月20日

6月18日高槻での地震のこと

6月18日は長い1日でした。

6月18日/朝7時58分猛烈な揺れが起こりました!!食器棚や家具は大丈夫でしたが、自宅の2階の本棚からものすごい量の本が散乱しました。

朝早くに起きたせいもあり一日、時間がたっぷりありました☆
色々な方からお気遣いの電話やメッセージ、FBでのコメントなどたくさんいただいて感謝に堪えません。
そしてのんびり夕方にスーパーへ行ったら、水はもちろんのこと、パン・カップ麺・冷凍食品などがすべてなくなっていました。
ギャラリーでは屋根が瓦なので屋根瓦が何枚かずれたり外れたりしているし、事務所に入ると雪崩れ落ちた書類の山が待ち受けていました!!
18日は9月にあるホテルでのアートフェア/ホテルオオクラ福岡へ下見に行く予定で新幹線のチケットも取っていました。夜に駅で新幹線チケットの払い戻し方法をお聴きしました。そんなこんなで一日でたくさんのことがありました。
みなさんのお宅は如何でしたでしょうか?
こんなに心配していただいて感謝の気持ちでいっぱいです。
他の方々も大事が無いことを願っています。
先程、FB友達のTさんから、震源地が浅い場合、この先、本震のような強い揺れもありうると連絡をくださいました。近辺の方々、気をつけましょうね。
今日はみなさんありがとうございました!!


IMG_4626.jpg
ギャラリーの屋根瓦がずれています*^^;;


IMG_4622.jpg
家の中は本が散乱しました☆



IMG_4623.jpg
 近くのスーパーでは夕方に行くと何もかもなくなっていました

IMG_4624.jpg
 いつもならお総菜がいっぱい並んでいるコーナーです


JRtakatsuki.jpg
 JR高槻駅では列車が動くのを待つ人のためにブルーシートがあちこちに敷かれていました。


JRtakatsuki tenjo.jpg
駅の天井は破損したのかすべてシートが貼られていました。大変な作業!ご苦労様でした。





















































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































posted by みずがめ座 at 02:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月13日

定休日の訪問☆


定休日の12日は京都御所の近くにある「ギャラリー create洛」さんで開催中の野村久之・野村はるみ 二人展にお邪魔してきました。野村久之先生には2015年アートデアートで個展をしていただき、その後も何かと気にかけていただいています。
昨年春に、はるみ先生がご逝去され、悲しみの中の久之先生への励ましと1周忌の法要もかねてと企画された二人展は静かな中に凛とした美しさ・逞しさが感じられました。
1階を久之先生の抽象作品を、2階をはるみ先生の日本画作品が展示されています。「2階で作品に囲まれているとまだはるみ先生が生きているように感じる」と久之氏はおっしゃっていました。同期生で共に画家として歩んでこられた同志としての気持ちもおありなのでしょう。
私は「黄土の邂逅」と題されたはるみ先生のメソポタミア文明の出土土器や貝殻が描かれた作品が心に残りました。   展覧会は 6月17日(日)まで。11:30〜18:30月曜休廊

帰りに新京極通りで「豆柴カフェ」なるものに外国の方達が物凄い人だかりとなっていたのですが、店内への順番待ちのようで驚きました。いつも寄りたくなる鳩居堂では一筆便箋を、そしてこれも昔からの定番の「ロンドン焼」を買って帰りました。


IMG_4541.jpg


IMG_4536.jpg


IMG_4537.jpg


IMG_4546.jpg
 柴犬が居るカフェなのでしょうか?


IMG_4547.jpg
 カッシャン!カッシャン!昔ながらの音がします☆
posted by みずがめ座 at 02:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月12日

高槻の巨匠 小阪謙造氏へありがとうございました☆

11日午後0時、高槻のアート界を牽引してこられた小阪謙造氏の告別式がありました。
アートデアートでは毎年11月に個展をしていただいて、色々なことをおそわりました。
10日夜、お通夜に式場へ訪問させていただきましたが、今日(11日)はギャラリーで、昨年の作品画像を見ながら偲んでいました。
海に落ちる夕陽を描かれた作品は、物凄い迫力で86歳というお年を感じさせない作品でした。「この夕日は自分の人生の黄昏を描いている」と言っておられましたが、赤色が美しくエネルギーにあふれた作品でした☆
まだまだ描きたいと言っておられた先生、素晴らしいヴォーリスの建築物をたくさん描かれていた小阪先生のご冥福を心よりお祈りいたします。

小阪謙造1.jpg
 赤が美しい作品でした

浅間山.jpg
   浅間山

小阪先生.jpg


小阪先生2.jpg

花瓶と花.jpg


道祖~.jpg

森耕治先生と.jpg
  ベルギー王立美術館公認解説者の森先生と50年くらい前のアンティークイーゼルで
  お話しが弾みました☆
posted by みずがめ座 at 03:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月10日

長野順子 銅版画展コラボイベント「実冬の味読」

9日(土)午後2時〜3時のひととき、長野順子 銅版画展とのコラボイベント「実冬の味読」と題した朗読を楽しみました☆
長野順子さんのリーフレットの詩「空想の欠片たち」から始まり、実冬さんのオリジナルの詩、谷川俊太郎氏の詩より・・・と、実冬さんの暖かい声の世界がギャラリーに充満☆しばし、何もかも忘れて詩の世界に☆
雨だったはずの土曜日も、実冬さんの念力のせいか?気持ちの良い晴天に恵まれ、ラッキーでした。
最後の居残り組でお茶目な集合写真も完成☆しました。


最終mifuyu2018 small.jpg


実冬の味読1.jpg


実冬さん.jpg
 イベント開始前のひとときをパチリ!


実冬の味読2.jpg
  最後まで残っていた人でパチリ記念写真☆
posted by みずがめ座 at 03:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月08日

長野順子 銅版画展の様子

搬入時に展覧会の様子を写し忘れていたのでアップ致します。

今年のカレンダーは長野順子さんのオリジナルのものと、建築・設備関係の大手 「リクシル」 さんの依頼で長野順子さんが銅版画で描かれた世界の建築物のカレンダーの2種類があります。日本国内の建築関係へ20万部以上配られているというすごい数のカレンダー☆そんな嬉しい出来事がありました。
頑張っていると、神様は時々うれしいプレゼントプレゼントを下さるねと長野さんと話していましたにこにこ
2日目には先日展覧していただいた日本画の荒瀬史代さんと、今年のたかつきアート博覧会で出品していただく佐藤紘子さんが来廊☆並ぶと背の高さの違いに大爆笑になりました☆


IMG_4486.jpg



IMG_4490.jpg
 今年の長野順子カレンダー


IMG_4492.jpg


IMG_4509.jpg
  左/荒瀬さん(日本画)と右/佐藤さん(油彩)


IMG_4511.JPG
  庭でこんなツーショット☆
posted by みずがめ座 at 02:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月06日

長野順子 銅版画展 〜空想の欠片たち〜 6/6(水)〜6/16(土)


本日、6月6日〜16日まで 長野順子 銅版画展開催です。
   6/12(火)休廊 11:00〜18:00(最終日6/16は17:00まで)

群馬県高崎市から昨日の搬入と、初日のみ在廊してくださいます☆
搬入日、9日に朗読をしていただく実冬さんが長野さんに会いに来廊!イベントの時に長野さんは居られないので、ほんの一部だけでも聞いて頂こうと数人だけで詩の朗読をお聴きしました。
長野さんのリーフレットの詩「空想の欠片たち」と実冬さんが書かれた詩。
静かな長野さんの銅版画作品と、実冬さんの声が共鳴していました。

自分の詩を関西のイントネーションで聴くのは初めてで、感慨深かったと長野さんの感想❣️
同じ詩でも、関東の方が関西の発音で聴くことの不思議な体験☆
本日、長野さんに又、繊細なかわいい作品に逢いに来て下さい。


長野順子 蒐集室.jpg


長野順子作品 夜魄 small.jpg



IMG_4463.jpg



IMG_4464.jpg






posted by みずがめ座 at 03:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記