2016年05月28日

岩田重義「私の好きな大阪」展 ラスト2日です☆ 5/29最終日は午後5時迄です


現在展覧中の「岩田重義さん」が25日サンケイ新聞の朝刊で記事として取り上げていただきました。
新聞の切り抜きを持って何人もの方がお越し下さっています。
展覧会も今日28日、29日(日)の2日間です。最終日は17時迄ですのでお間違えのないようにお越しください*^^*展覧会に淡路島から絵本作家の田島征彦さんや、お琴の演奏家菊葉真うさぎさん、又郷土史家の宇津木秀甫さんなど毎日楽しくにぎやかに過ぎていってます。土曜日・日曜日もどなたに会えるかなあ〜たのしみ☆



サンケイ新聞.jpg


岩田重義さん.jpg


田島先生うさぎさん直子さん.jpg





posted by みずがめ座 at 04:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月23日

岩田重義展 オープニングパーティと特別イベント 津軽三味線s

5/21(土)5時〜 オープニングパーティ
   リコーダー演奏  大宅信三さん
     岩田重義さんへリコーダーによる懐かしの歌の数々を吹いて下さって皆が歌うという楽しい企画を     大宅さんがプレゼントして下さいました☆
5/21〜5/29(日)岩田重義展の特別イベントとして
   津軽三味線   北村貴寿
   吟剣詩舞(唄)  藤原ゆき  さんとのミニコンサート☆
聞き惚れました*^^*


コンサート終了後、お二人が1月に結婚されたとお聞きしたので、真野美千代さんの吹きガラスの四葉のクローバーのペーパーウエイトをプレゼントしました☆お二人でいいご家庭を築かれて、ますますいい演奏をしてくださいね*^^*


岩田重義展オープニング.jpg


リコーダー演奏.jpg


ミニコンサート2.jpg


ミニコンサート.jpg


北村さん結構祝い.jpg


北村さんゆきさん.jpg

posted by みずがめ座 at 03:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月21日

2016年5/21(土)〜5/29(日)岩田重義展始ります☆

5/21(土)から岩田重義展が始まります☆(〜29日)会期中無休 11:00〜18:00(最終日17:00迄)

テレビが各家庭に普及しだして続々と人気番組がでだした頃、その当時は深夜に感じた午後11時から「11PM(イレブンピーエム)」という番組が読売テレビで始まりました。私など何となくみてはいけない番組のような印象を受けていましたが、そうそうたるメンバーが出演される伝説的な番組でした☆ 今回の展覧会の作家 岩田氏はその11PMの美術ディレクターとして活躍されていました。今までテレビ界でしなかったような舞台装置を提案したり、番組中に本物のウィスキーを出して本物の雰囲気を出すなど、画期的なことを考えだされた方です。

現京都市立芸術大学の前身で日本画を専攻されましたが、従来の芸術を打ち破る「ケラ美術協会」を立ち上げたり、「白川芸術村」を作ったり、又NYのコレクターにほとんどの作品を買い上げされ、ニューヨークへ招待されるなど今から50年〜60年前のお話とは思えない活動をされていました☆

今回、「月刊京都」や「大阪春秋」などの雑誌に長年寄稿されているスケッチや文章を、アート活動と共に振り返り、加筆・修正された自叙伝的なエッセイ集「好きやさい」を刊行されましたのでその記念展を企画させていただきました。
是非勢いのあるスケッチの数々をご覧ください。そしてエッセー集をご覧ください*^^*



岩田重義.jpg


大阪好きやねん.jpg


好きやさかい.jpg


ポストカード.jpg


イラスト.jpg


イレブンPM.jpg


posted by みずがめ座 at 04:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月13日

高橋かずこ展 5/11(水)〜5/16(月)

高橋かずこ展 5/11(水)〜5/16(月)
11:00〜18:00(最終日17:00迄)



アクリル作家高橋かずこ展では作品の片隅にとかげやほおずき、セミの抜け殻など楽しいものが組み合わさっています。霞がかかったような白い世界☆ゆっくり隅々まで見て下さい*^^*



高橋かずこ展3.jpg


高橋かずこ作品1.jpg


高橋かずこ とかげ.jpg


高橋かずこ 作品2.jpg


高橋かずこ展4.jpg

posted by みずがめ座 at 03:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月10日

98歳の母の日(5月7日訪問)

京都で一人暮らしをしている母は今年1月に満98歳になりました。自分の食事は自分で作り、介護用の手押し車を押しながらも日々の買い物に行き、私が行くと何か食べさすものはないかと気遣ってくれます。母は実家の兄弟のお手本です☆
今の年になっても、たまに帰るところがあるのはうれしいことです*^^*
今日はアジサイの鉢植えとモリタヤさんのお肉、黒タイの切り身を母の日のプレゼントにしました。明日きっとお魚を煮て、明後日はお肉をさっとフライパンで焼いて食べることでしょう!!



2016.5.7母の日.jpg


2016.5.6すもも.jpg
 ギャラリーの庭のスモモの実がだんだん大きくなってきています☆


2016.5.4白いバラ.jpg
 ギャラリーの庭の白いバラ
posted by みずがめ座 at 02:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月07日

私のゴールデンウィーク

少し長くいただいたお休み期間もいよいよ終わりです。なかなか行けないお見舞いに行ったり、高槻で行われた「こいのぼりフェスタ」を見て、芥川でかわいい鳥たちを見つけ観察していました。ギャラリーに何度も立ち寄ると、誰も見る人がいなくてもバラの花や芍薬がけなげに咲いてくれています。
ここ数日はとてもお世話になった親しい方がなくなられて、お悔やみに行かせていただき、家で亡き方を偲んで静かな時を過ごしました。

遠くには出かけなかったけれど静かな休日の締めご飯は「やきそば☆」 多分4人前くらいあるのに二人であっという間に平らげてしまいました。家で作る焼きそばは味も薄いのでたくさん食べられるのでしょうね。さてカロリーは?? コワいですねえ〜*^^*



こいのぼり2016.jpg


芥川の鳥.jpg


芥川の鳥2.jpg


バラ2016.5.jpg


syakuyaku.jpg

やきそばsmall.jpg

posted by みずがめ座 at 04:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月04日

箔画 野口琢郎展・高槻ジャズストリート

今連休にしてギャラリーをお休みにさせていただいています。この機会に行きたい展覧会と・地元の高槻ジャズストリートを楽しんできました。

12時から先にジャズストリートで二つの会場へ、そのあと大阪へ

「箔画 野口琢郎展」は大阪北浜にある Nii Fine Artsさんで5/14(土)まで展覧しておられます。京都西陣の箔屋さんで子どものころから箔と共に育たれ伝統の箔の技術を使った作品は、きらめく海や星空、又ランドスケープと名付けたシリーズ作品など日本を感じつつ美しい作品に仕上げるておられます。

高槻ジャズストリートは国内外から4000人以上のミュージシャンが2日間高槻に集います。本格的な演奏会場をはじめ市内60ケ所の会場に全国からジャズ好きの方たちが来られるという素晴らしいイベントです。私が今日訪ねたのは
1日目   松浦祥子(クラシカルボーカル)はしごで
       高瀬佳子(クラシカルピアノ)
       中本マリ(ボーカル・ピアノ・ベース)
       木下徹 (フォーク・ギター)
今日は珍しくあちらこちらと動くことが出来ました。お天気もなんとか大雨にならずに待ってくれ、高槻ジャズストリートに協力してくれたようです。
4日もたくさんの訪れたい会場があります☆お近くの方は箔画 野口琢郎展・高槻ジャズストリートにお越しください*^^*



野口琢郎展.jpg


ジャズストリート2016.jpg


木下徹.jpg


高槻ジャズストリート2016.5.jpg

posted by みずがめ座 at 02:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月01日

ただ今 紅玉いづき「現代詩人探偵」/東京創元社 楽しんで読んでいます☆ 

ギャラリーはただ今連休にさせていただいています。5月の予定は
   ・5/8(日)水原博士の拓墨展
   ・5/11(水)〜5/16(月)高橋かずこ展
   ・5/21(土)〜5/29(日)岩田重義展    となっています。


休み中、時間は不定期ですがギャラリーで発送仕事や色々こちゃこちゃしています。
しばらくお会いできませんがご容赦くださいね。

毎晩、寝る前の少しの時間が私の読書タイムです。でもここしばらくは昼間の明るい時間にも時々本を広げられることはこの上ないシアワセです☆
ただ今夢中になっているのが 紅玉いづき著の「現代詩人探偵」/東京創元社です。
表紙を見て「あれっ!!」て思いませんか?そう!!いつもアートデアートで展覧してもらっている作家「新岡良平さん」の作品がカバー表紙になっています。新岡さんからお知らせをいただいたので表紙を見てみたいと購入しましたが、内容がなかなか魅力的です☆
いつだったか「詩を書くということは自分をさらけ出し、命を削るほどに枝葉を削いで初めて人に伝わる詩となる」というようなことを聞いた覚えがあります。若い男性が生きる希望もなかなか見いだせないけれどなぜか「詩」は書き続けたいと・・・・・・・内容はHPで見てみて下さい。
毎晩寝る前が楽しみです☆
お向さんから畑で作っておられる「カスミソウ」を頂きました。家の玄関がとても可憐で華やかになっています*^^*
      

 http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488017903


現代詩人探偵 紅玉いづき.jpg


カスミソウ.jpg

posted by みずがめ座 at 04:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記